夏がくると思い出す

2017.5.26

恒例というわけではないけれど、毎年楽しみにしていること。

 

今日のサンプルは、夏が近づくと新作が見たくなる“洗いのバッグ”です。

洗いのトートバッグ

鞄が出来上がった後に、水に濡らし手作業で揉んだり押したりして

独特の表情に仕上げる“洗いのバッグ”。

 

今回は、リバースレザーを使って、左からサビア、カスターニョ、ネイビーの3色

S、M、Lの3サイズで作りました。

リバース洗いトートバッグ

 

洗うことで元々の革の癖がより大胆に表現されて、シワの入り方や寄り方もそれぞれです。

 

よく見ると色の濃淡も大きい今回のバッグ。

聞くと、油分をたっぷりと含んだリバースレザーは、洗いをかけ革をぎゅっともむと

リバース洗いのトートバッグ

中の油分が移動して、こういった濃淡が出るそう。

リバース洗いのトートバッグ

「洗いは、リバースレザーが一番格好良く仕上がる」とマリ。

 

形は、以前から作り続けている“取っ手から本体へ自然な形でつながる”

その曲線がきれいな“オープントート”に、普段使いらしい丸みを程よく出したもの。

リバース洗いのトートバッグ

そのままでは丸みが強く可愛らしくなりすぎてしまう形も、

洗うことで良い塩梅に仕上げることが出来ました。

 

S

M

リバース洗いのトートバッグ

L

リバース洗いのトートバッグ

 

規格サイズを気にせず、お出かけバッグとして軽やかに持ちたいバッグです。

 

ドライフラワー

Organ(オルガン)

Organ(オルガン)モデル販売ページ